来年のお花の季節まで…




今年 急に〝フレメ〟の世界が素敵に見えて
始めてみた my植物図鑑

RさんNさんに たくさんの刺激を頂いて
楽しくステッチしてきました

植物図鑑10-16-2
DANISH Floral Charted Designs より


5つ目の〝Sweet Violet〟が完成しました。
BLOMSTER では Viola odorata になっていますね

植物図鑑10-16-1

花たちがお休み期間に入る 晩秋から早春まで
こちらのステッチもお休みする予定です~

やっぱり寒くなってくるとキルティングとか
とっても苦手なのに 編み物もやりたくなってしまう…

それからRさんがヘムかがりをしているのを見て
数年前に買った フェリシモの ハータンガーの基礎を学べるキットを
持っていることを 思い出しました
複雑なのは無理だとしても
初級編くらいのステッチは 覚えたいなぁ~と思います。
何年も前から思ってはいるのですが…



素材


半月以上経ってしまったのですが
本屋さんで買った本2つ…

北欧の手作り 春夏秋冬 は DVD がついている事につられて
ついつい買ってしまいました

白ゆき姫殺人事件 は 1Q84 を読み終わったら
読もうと思っている本です。
「えっまだ1Q84読んでるの?」って突っ込まないでね…
もうちょっとで読み終わるのよ~


本の買い物10-16

私の住むところは いよいよ冬の気配が見え隠れしてきました
まだコタツは出していませんが、そろそろ出そうかな~
と、思う今日この頃です。

みなさま、季節の変わり目 体調など崩しませんように…






mayumi-name-kinoko.jpg



聞きたいことや ご用のある方は
どうぞお気軽にご連絡下さい








スポンサーサイト

夏の終わりの近況報告





高温が続いたこの夏 みなさま いかがお過ごしでしたでしょうか ?

1ヶ月近くも お休みしてしまいました。
私は、やっと長男の部屋を作るための大掃除が (ほぼ)終了しました
細々した箇所はまだ残っていますが、それはぼちぼち進めていこうと思います~
掃除に終わりはないですね…


今回の大掃除で、私たちのベットの向きも変更。
枕元は 廊下を挟み ベランダになりました。
夜寝る頃になると、秋の虫の大合唱が聞こえてきます

枕元

平日の半日 約5時間を 丸3ヶ月使って掃除してきました。
大変だったけど、きれいになるのは本当に気持ちがいいです。
相当の物を処分しましたが、在庫を把握している生活は
無駄遣い防止にもなるし、とても清々しいです


ブログをお休み中は いろいろありましたが
長くなりそうなので 折りたたんで綴りたいと思います。



拍手にコメントを下さった さん
ありがとうございました!
とても嬉しかったです
連絡をとる手段が分からなかったので
また今度 お時間がある時にメールでも下さい
右側の My memo のところにメールボックスがありますので
気が向きましたらお待ちしています







Read more...

お花と針と…


時間がないのに、あれこれしたい…
「欲張るといけないよ~」と、子どもたちに教えつつ
欲張る母… いけません
でも、〝楽しい〟と感じていないと
がんばる力が湧かないんだもん。

時間はないけど、お花も楽しんでいます♪
我が家の唯一の大ぶりのバラ2種。
地植え地帯は 花が好きなお義父さんに占領されているので
私のバラは鉢植えです

バラ


Pierre de Ronsard (ピエール・ドゥ・ロンサール)
私の切り戻し方がよろしくないのか
毎年2つしか、蕾を持ってくれません
でも、根元からシュートが出ていました
来年蕾を増やすためにも 今年は少し勉強してから、剪定しようと思います。
詳しい方がいらっしゃったら どうぞ教えて下さい

Pierre de Ronsard


チャールズダーウィン Charles Darwin
こちらは、去年買ったのですが
とても丈夫な品種で、寒さ(雪)や病気にも強く
どんどん伸びてたくさん蕾をつけています。

Charles Darwin


このバラは、進化論で有名な Charles Robert Darwin という
生物学者の名前からついたとのこと。

チャールズダーヴィン

2001年に発表された イエロー系のイングリッシュローズ。
わりと最近の品種です。
花の中をのぞいてみると、花びらが幾重にも折りたたまれているような感じになっています。
香りや色も 毎日違うような感じがします。
優しいアプリコットカラーだったり 濃厚なカスタードのような色合いだったり。
そして咲いているうちも 次々に色が変わっていくので 見ていて飽きません。
香りは、甘い紅茶のような香りだったり、レモンのような爽やかな香りだったり
天候によって香りが変わるので、毎日 色と香りを楽しんでいます
進化論を唱えたチャールズ・ダーウィンの名前が付いているだけあって
進化するバラなのでしょうか!?




こちらはつるバラの舞姫。
小さい花をたくさんつけるのですが 様々なピンク色でとても表情があります。
去年は鉢の中に アリの巣を作られてしまって どうなることか…と思いましたが
鉢を替えたら、元気に復活してくれました。
たくさんの新枝が出ているので、今年は植替えしてみようと思っています。

舞姫6-19


小さくて品のある姿が愛おしい クレマチスの白麗。
この花を見ていると、目立たなくても品があって可愛らしい女性でいよう
と、思ってしまいます(日々息子たちを怒っているので品を失いかけてる自分がいます…)
あまり大ぶりな上品さより小ぶりな上品さが 素敵だなぁ~と思ってみたり…

白麗


ペラルゴニウム・シドイデス
深いワインレッドの色と、ひっそりとした咲き方がとても好きです
今の時期、たくさん咲いています。

Pelargonium sidoides



そんな花たちを見ながら、のろのろと進めている
青木和子さんの〝ダークカラーのバラ〟(バラと暮らすより)
スカビオサが完成しました。

ダークカラーのバラ6-19


スカビオサはヨーロッパを中心に80種類もあるのだそうです。
青木和子さんのデザインは、多分こちらのの スカビオサかな!?
我が家の近くで見るのは、薄い青紫色のスカビオサです。

Scabiosa.jpg


スカビオサの次はフリチラリアをステッチ中。
なんだかどちらも口がまわらない~
2段市松模様にステッチしていくと…

Fritillaria-stitch.jpg


なるほど、雰囲気出ているなぁ~
青木和子さんはすごいなぁ!! など思いながらステッチしています

Fritillaria.jpg

忙しいけど、少しでも自分の時間があるって幸せです

あっでも今日の夜は、明日に期末テストを控えた長男と
苦手な英語の勉強につき合わなくてはいけません…





stamp-black.jpg





これなぁに?






ここ最近の末っ子くんは
箱の中、瓶の中…
すべての中身が気になるようで…
しきりに「これなぁに?」を連発して
中を確認します


「これなぁに?」

What this9-9-1


これは…
お母さんの大事大事!!

What this9-9-2


「これなぁに?」

What this9-9-3


これは…
実家のおばあちゃんにもらったキャニスター。

What this9-9-4

「何にも入ってないって…」





bird mayuname





私の好きな風景




ボ~っとして見るのが、好きな風景たち

重ねたキルト本

Quiltbook2-4.jpg


重ねたキルトブロック

1-24night.jpg


昔の湯呑茶わん

chawan2.jpg


LINNETさんのウサギの葉書

usagicard-n.jpg


Nちゃんにもらった紅茶

non-koucha.jpg


お風呂のタイル

tile2-16.jpg


お風呂に入って湯船につかっている時に、いつもボ~ッと見つめるタイル。
以前、キルトにしてみようと試みて半端になっているなぁ…
この春、お風呂もリフォームに入るので、このタイルともお別れです…
こタイルが見れなくなるのは、ちょっと寂しいです。

tile2-16-2.jpg






itomaki-name.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。